椎間板ヘルニア

軟骨が飛び出し神経を圧迫する椎間板ヘルニア

椎間板ヘルニアは、関節の病気とは異なりますが、日本人にも馴染みの深い病気という事もあるので、このカテゴリに掲載しておきたいと思います。また、頚椎と腰椎には違いがありますが、ここでは概要を確認する程度に留めて置いて下さい。

椎間板とは、背骨と背骨の間にある軟骨組織でクッションの役割をするのと同時に、背骨の曲げ伸ばしなどの可動の為にも欠かせない組織です。椎間板ヘルニアとは、この軟骨組織が外へと飛び出し、背骨を通る神経に触れることで痛みを伴うというものです。

軟骨が飛び出すと言っても、正確には、軟骨組織の内側にあり衝撃を分散する役割を持っている髄核(ずいかく)という液体が漏れ出す事で引き起こされます。椎間板の表面が破れた状態になると、髄核が飛び出しやすくなります。

また、発症する場所によって大きく分けて2種類あり、頚椎椎間板ヘルニア・腰椎椎間板ヘルニアがあります。

  • 頚椎:7個の椎骨で構成されていて、椎間板は第2頚椎以下に存在。
  • 腰椎:5個の椎骨から成り、上半身を支える脊柱で最も重い加重を支えている。

椎間板ヘルニアを発症すると、飛び出した髄核が神経組織を圧迫する事で、手足のしびれや痛み、上手く体が動かせなくなる運動麻痺などを代表として、様々な神経障害を引き起こします。

特に、30代~50代に発症しやすく、男性の割合が高いと言われています。
初期症状では、足の裏側に軽い痺れを感じるようになり、症状が次第に進むと、仰向けで足を伸ばしたまま垂直に曲げようとしても、10センチも上がらない程に進行する事もあります。

原因は、一つで起こるわけではなく、年齢や激しい運動、生活習慣、喫煙など様々な事が関係していると言われています。

治療方法には、ラブ法、MD法、MED法、PN法、PLDD法など、様々な種類があり、進行状況や以前の治療によって使用できる方法とそうでないものなどがあります。

加齢により水分保持力が下がり、軟骨組織が弱くなるのを防止する上でも、軟骨成分の2型コラーゲンが何らかの改善をもたらす事は容易に想像できますので、加齢と共に懸念される椎間板ヘルニアを抑制する上でも、有効に働いてくれる可能性が期待できます。