肩関節周囲炎(五十肩)

肩の可動域が狭くなる「肩関節周囲炎」

肩関節周囲炎とは、いわゆる五十肩の正式名称です。
主な症状は、肩関節の動きが制限される”拘縮”と肩関節の痛み”疼痛”があり、特に50歳を超えた中年以降に多い病気です。

症状は、炎症の部位や進行の度合いによって、人それぞれ個人差があります。
肩関節周囲炎になると、夜間に痛みが強くなったり、衣服の着脱、入浴時、トイレなどの日常動作で痛みが現れる事も多くなります。

主な原因は、肩関節に関わる部位である、骨や軟骨、腱や靱帯などが、加齢に伴って老化し変性することで、周囲の組織に炎症が引き起こされやすくなる事が関係しています。

炎症は、以下のような部位で発生します。

  • 肩峰下滑液包:肩関節のスムーズな動きに関わる袋状組織
  • 関節包:関節を包む袋状組織
  • 腱板:肩の筋肉が上腕骨頭に付く部位
  • 上腕二頭筋長頭腱:腕の筋肉が肩甲骨に付く部位

症状の現れ方は、疼痛が急激に現れる急性期、疼痛は弱いものの次第に可動域が制限される慢性期、または、関節拘縮が改善される回復期に分けられます。

痛みが強い急性期の場合は、三角巾やアームスリンクなどで安静を図ったり、薬により鎮痛作用を施します。急性期を過ぎたら、温熱療法や運動療法などを行いますが、原則としては、炎症が治まってから行います。

肩関節周囲炎の症状は、自然に改善される場合もあるようですが、場合によっては炎症により内部で癒着が起こり、関節が動かなくなる事もありますので、肩に強い痛みが出た場合には、早めに専門医を受診するように心がけて下さい。