コラーゲンの合成に必要なビタミンC

コラーゲンの合成を高めるビタミンC

2型コラーゲンの効果的な摂取の方法は、間違いなくサプリメントでの摂取方法です。非変性での抽出方法が確立されて、特許としても認められたこともあり、2型コラーゲンのサプリメントは、非変性の割合が重要となっています。

ですが、せっかく摂取しても、ビタミンCが無いと合成される量が少なくなってしまいます。ビタミンCには、コラーゲンの合成を助ける働きがあるのです。

2型コラーゲンは、主に膝などの軟骨部分や目の硝子体の材料として必要な成分なので、年齢とともにやってくる足腰の痛みや眼の不調を解消してくれる働きが期待できますが、それも、ビタミンCのサポートがあってようやく一つの形となります。

ビタミンCを意識して摂取する理由

ビタミンCは、一日数回に分けて摂取するのが理想的です。
その理由は、水溶性ビタミン特有の貯蔵が出来ないという性質にあります。

水溶性ビタミンとは、肝臓などで蓄える事ができない栄養成分で、使用されなければそのまま尿となって排出されてしまいます。なので、排出されたらその分補っていかなくてはなりません。

成人が一日に摂取すべき量は100mgで、これをレモンに換算するとおよそ2個分となります。この量を毎日摂取し続けていかなくてはならないので、食べ物に換算すると、毎日は大変だと感じるかもしれません。

必要量よりも多めがベスト

推奨では、一日100mgとなっていますが、これはあくまでも目安です。どちらかと言うと、この量よりも多めに摂取しておいた方が良いかもしれません。その理由は、体に起こる色々な変化で存していくからです。

  • コラーゲンの合成として必要
  • ストレスにより消費が早くなる
  • 傷ついたビタミンEを回復する
  • 1本の煙草で25mg~100mg損失
  • 排気ガスや汚染された空気を吸う事で損失
  • ウイルス・活性酸素から体を守る働き
  • 自身が抗酸化作用として働く

このような理由から、ビタミンCは損失しやすい栄養成分なので、多めに摂取しておくことが良いと思います。特に、煙草1本で1日に必要な量のビタミンCが壊されてしまいます。不足すると、細胞に直接ダメージを受けやすくなり、細胞が壊死してしまいやすくなります。

他にも、ウイルスや活性酸素など、体に害を与えるものから守る働きもあるので重要度が高いのです。

良い摂取の方法

一番良いのは、ビタミンCを多く含む食材での摂取方法です。
ビタミンCは果物に多く、レモンやオレンジなどが一般的でしたが、今では、アセロラなどが人気で、アセロラジュースには、1カップ250gの中に、ビタミンCが252mgも含まれています。

ですが、毎日のように果実を食べつづけるというのは、経済的にも難しいかもしれませんし、アセロラジュースも開封してしまうと、ビタミンが壊れやすくなります。これれは、どこまでが効果的なのかははっきりわからないところですが、より効率的にビタミンCを摂取する方法があります。

それは、ビタミンCコンプレックスのサプリメントを摂取する事です。
このサプリメントで何が良いのかを判断するには、詳しい選ぶ基準がを知る必要があります。詳しくは下記リンクより詳細を確認してください。

ビタミンCサプリメントについてはこちら