関節の構造や有効な成分

スムーズな関節の動きには複数の組織が正常である事が重要

年齢が上がるにつれて徐々に強くなる関節の痛み。中でも病気として代表的なものは、変形性関節症関節リウマチの二つです。

関節というものは、骨と骨の間にあり、それぞれ別々の骨とを連結することで、関節を動かしたり固定したりする組織です。また、関節で繋がっている二つの骨には、腱と筋肉がついています。

更に、骨端部分には、軟骨がついていて、骨同士がすれてしまわないように防ぐ役割や、クッションとして衝撃を吸収する働きがあります。このように構成されている関節は、滑膜というやわらかい膜で覆われていて、なかには滑液という潤滑油としての働きをする成分が含まれています。

このように構成されている為、関節が十分な機能を果たす為には、筋肉や腱、軟骨や滑膜に含まれる潤滑成分が必要不可欠だということがわかると思います。

それではスムーズな働きを維持する為には、どのような栄養成分を摂取すると良いのかということですが、この中でも、エビデンスがあり信用度の高いものは、軟骨成分等をサプリメントで補う事です。

その為に必要な成分は、以下のようなものです。

今現在、よっぽど痛みがある等の場合は、まずは病院で検査してもらう必要性がありますが、何となく痛かったり、今後に向けた準備として知っておきたいという場合には、自覚症状に合わせて、軟骨成分を補ったら良いのか。それとも、水分の保持力をあげるべきなのかを考えながら、必要な成分を選ぶようにすると良いと思います。