グルコサミン

膝の軟骨成分の一つグルコサミン

グルコサミンは、カニやエビの甲羅から抽出される成分で、2型コラーゲンと同じように、膝軟骨の有効成分としてサプリメントなどで良く聞く名前です。特に、サメの軟骨から抽出いたものなどが、日本でも良く売られていますね。

成分は、グルコースにアミノ基が結合したアミノ糖の一種で、ネバネバした成分であるムコ多糖類で、関節炎や関節症の症状を緩和するという効果が臨床試験でも明らかになっています。

2001年に、イギリスの医学ジャーナルであるランセットに発表された研究内容ですと、変性関節症の患者に対して3年間1,500mgのグルコサミンを投与した臨床試験では、改善に有効な成分であると明らかになっています。

グルコサミンには、損傷した軟骨の修復を促す働きもあるという事から、抗炎症剤などで、一時的な炎症を抑える薬よりも直接的な効き目のある成分だとも言えます。

摂取の方法

変形性関節症の場合は、1日に1,000mg~2,000mgのグルコサミンの摂取が推奨されています。また、短期間では効果が期待できないので、長期間の摂取が良いとされているのですが、まだ若い年齢のうちから長期間摂取すると、軟骨の再生力が弱まることもあるようなので、注意が必要です。

注意点

場合によっては、胸やけ、下痢などの症状が現われることがありますので、このような症状が現われたら、摂取を見直さなければなりません。その他の副作用などは、特に報告が無い事ですが、エビ、カニアレルギーの場合には、原材料をしっかりと確認してから使用を考えて下さい。