コラーゲンとは

体の必要割合の高いタンパク質

コラーゲンは、体内のタンパク質の3割を占めているほど、割合の多い成分です。主に細胞と細胞の間に存在していて、結びつきを強化する役目があります。また、軟骨や皮膚に多く存在しているので、老化による減少が懸念される成分でもあります。

コラーゲンには、複数の種類が存在していて、体内の存在する場所ごとに特徴を持っているのですが、既に15種類以上も発見されていて、これからも数が増えると見られています。最近、17型コラーゲンが薄毛や白髪との関係性が深いという興味深い研究結果が発表されましたが、これからも、色々な可能性を見せてくれる成分かもしれません。

この種類の中でも、2型コラーゲンは、膝や硝子体との関わりのある成分で、一般的には膝の軟骨を補う為として、色々なサプリメントが販売されていますが、硝子体の老化を防ぐ役割も果たしてくれる期待が持てます。

コラーゲンの臨床試験

今までの臨床試験では、関節炎の患者にコラーゲンを投与したところ、膝や股関節の痛みが緩和したことや関節機能の改善が認められています。また、動物での試験では、体内の抗酸化作用の高いと注目されている酵素であるSODと一緒に摂取したところ、関節炎の改善がみられたという報告があります。

他にも、フィッシュコラーゲンを摂取に関する研究では、肌や皮膚が若返ってみずみずしくなったという効果があるなど、若さ維持の為に欠かせない栄養成分なのです。

コラーゲンの摂取について

コラーゲンは基本的に、ビタミンCと一緒に摂取すると良い効果が期待できます。

ビタミンCは、コラーゲンを合成する働きがあるので、体内に吸収されたコラーゲンが材料として合成されるためにも、ビタミンCを一緒に摂取するようにしましょう。そもそも、ビタミンCは、一日の中でも定期的に摂取すべき栄養素の一つだと言われています。

また、骨を強化したい場合は、カルシウムと一緒に摂取するのが効果的です。

骨にもコラーゲンが含まれているのですが、カルシウムと一緒に摂取する事で、コラーゲンが骨から分解されるスピードを抑えられるという研究結果も発表されています。

コラーゲン食品は経口摂取で効果が無い?

今では、色々なコラーゲンサプリメントが出ていますが、中には、「結局はたんぱく質で、体内に吸収される時に一度バラバラに分解されるから意味が無い」という意見もあるようですが、コラーゲンの材料でつくられるペプチドが血中に存在しているのを確認したという報告があります。

中でも、2型コラーゲンは、天然の状態を維持したまま鶏の胸軟骨から抽出することが出来るので、サプリメントでの高い吸収率が期待できます。