乾燥肌もコラーゲン不足が原因

皮膚の乾燥もコラーゲン不足のサイン

コラーゲンは、皮膚や血管、骨、腱など、あらゆる組織に存在しています。場所やタイプにより1型から順番に番号がついていて、30種類以上も存在しています。また、体のたんぱく質の3割がコラーゲンという事で、その必要割合は大きいのです。

また、コラーゲン全体の中でも皮膚に40%、骨に20%存在しています。皮膚や骨に大量に含まれるコラーゲンは1型コラーゲンなので、全体の割合から見てても多く摂取する必要性が感じられると思います。では、なぜ皮膚の乾燥と関係あるのかと言えば、それはコラーゲンが使われる優先度と関わりがあるのです。

体の機能を維持するべきところから使われる

コラーゲンのように人が生きていく上で欠かせない栄養成分は、体の中でも、重要な役割の部分から使われ始めます。なので、皮膚に栄養成分が運ばれるのは、そのような重要部位に使われた後となってしまうので、皮膚に使われる量が減ってしまうのです。また、日ごろの食生活の中での摂取量が不足してしまう事で、更に皮膚に使える量が減ってしまいます。

これを繰り返していくうちに、本来の皮膚より弱ってしまい弾力性をなくしたり乾燥肌が酷くなるなどの症状として現れる場合もあるのです。1型、2型などに関わらず、乾燥肌などの症状が出るという事は、コラーゲンの絶対量が不足しているサインだとも言えるのです。

加齢と共に同じタイミングで現れる

年齢と共に衰えるものの代表でもある膝や皮膚は、加齢による影響が顕著に現れます。このように、両方とも同じ様なタイミングだという事を思い起こしても、コラーゲンが全体的に不足しまっているという事が容易に想像できますね。

コラーゲンを日ごろから摂取する習慣

自覚症状がある場合は、まずは、サプリメントなどに頼らずコラーゲンを日ごろの生活から摂取するように心がけてみてはいかがでしょうか。コラーゲンを含む食材には、牛スジや豚足などをはじめ、魚などにも含まれます。乾燥肌が長く続いているようなら、絶対量が不足していると考えられますので、最初は変化が現れるまで時間がかかると思いますが、継続する事で、本来の厚みのある皮膚に戻ることも出来ると思います。

コラーゲンを多く含む食材はこちら