高血圧だと摂取に黄色信号?

高血圧の人はコンドロイチンの副作用に注意?

コンドロイチンは、元々体内で生成されている成分である関係上、まず副作用の心配はありません。これなら、誰でも安心してコンドロイチンのサプリメントを服用できる、と思ったのですが…ネットで気になる情報を見つけました。

なんでも、高血圧の人がコンドロイチンを飲むと、更にそれが悪化してしまうとかで。

つまり、副作用で血圧が高くなるため、元々高血圧の人には危険ということですね。しかし、コンドロイチンに血圧を上げる副作用なんて、あったでしょうか?
胃痛や胸焼け、便秘や下痢などは、稀に起こる副作用として挙げられていたと思いますが。

そこで、詳しく調べてみたところ、コンドロイチンで血圧が上がるという副作用は、今のところ確認されていないとのことでした。

ただ、コンドロイチンのサプリメントには、コンドロイチン硫酸ナトリウムという成分が含まれている関係で、摂取によって血圧が上がると誤解している人が一定数いるそうです。

確かに、ナトリウムと言われると、私もよく塩化ナトリウムを連想してしまいます。しかし、実際は、コンドロイチンは血液中の脂質を綺麗にすることで血液をサラサラにもしてくれるため、逆に高血圧も改善できるそうです。

となると、高血圧の人にとっては一石二鳥なんですね。

何にしても、ナトリウムというキーワードに過剰に反応して、塩だから高血圧を助長するとか思い込まないようにしたいところです。