コンドロイチンがグルコサミンと違う部分

一応第3類医薬品という扱いになるようです

関節痛と言えばグルコサミンが思い浮かびますが、実際は、関節痛とまでは行かなくても、関節を心配した方が良い年齢になったら、コンドロイチンのサプリメントの摂取が推奨されるそうです。

コンドロイチンは、グルコサミンのように軟骨を生成する効能はありませんが、現存する軟骨の水分をキープすることで、それ以上擦り減るのを防いでくれるからです。

しかし、なんだかまどろっこしく感じます。それなら、コンドロイチンよりも、軟骨自体を生成してくれるグルコサミンのサプリメントを、関節痛になってから摂取するので良いのでは、と個人的には思いました。

実際、関節痛改善効果の面から考えると、グルコサミンの方が断然良いのですが、どうも、コンドロイチンがグルコサミンと違い、第3医薬品に分類されているのが関係しているみたいです。

詳しく言うと、栄養補助食品であるグルコサミンと違い、医薬品であるコンドロイチンのサプリメントだと、後で医療費控除を受けられ、経済的負担がかなり軽減されるんです。

サプリメントは基本毎日飲むものですから、この医療費控除はかなり助かります。私も、多少まどろっこしくても、コンドロイチンのサプリメントを早めに飲み始める方が良いと思いました。