グルコサミンとコンドロイチンの違い

修復する働きと保護する働きという特徴の違い

グルコサミンとコンドロイチンって、どちらも関節に良いとよく言われていて、サプリメントもたくさん販売されていますが、両者は具体的に、どのように違うのでしょうか?

ダブルで飲めば良いのか、逆にそれだと効果を打ち消しあって意味が無いのかを知りたかったので、ちょっと調べてみました。

すると、意外なことに、コンドロイチンはグルコサミンから生成されていると分かりました。詳しく言うと、グルコサミンはアミノ糖の1つで、軟骨を構成するムコ多糖類に属するプロテオグリカンを生成するのですが、そのプロテオグリカンがコンドロイチンを作り出すそうです。

そして、具体的な効能としては、グルコサミンは軟骨を再生したり修復したりする一方、コンドロイチンは軟骨の軽減を抑制したり水分を保ったりするみたいです。つまり、グルコサミンが軟骨を作り出して、コンドロイチンがそれを適正に維持してくれるんですね。

そのため、グルコサミンとコンドロイチンは、どちらも軟骨にとって欠かせない成分とのことでした。となると、サプリメントを飲む際は、両方含まれているのを飲む方が良さそうですね。

グルコサミンからコンドロイチンが生成されると言っても、やはり体外から補充するよりは量的に劣ると思いますから。