アミノ酸とは

アミノ酸の主な働き

アミノ酸、タンパク質、まだ栄養についてあまり理解していない頃は、この違いすら曖昧でした。ですが、健康を意識するようになり、栄養事典やサプリメント事典などを見るようになり、その違いを理解してきたら、体の中のあらゆる材料として欠かせない栄養素だと知ったのです。

  • タンパク質の部品
  • 神経伝達物質
  • あらゆる酵素の材料(消化液も酵素)
  • 内分泌のホルモン
  • エネルギー源として

糖質や脂質は代謝してエネルギーが取り出されますが、タンパク質(アミノ酸)からも取り出されます。このような色々な使われ方があり、健康維持にも欠かせません。

  • 筋肉や骨(軟骨)の材料
  • 皮膚や爪、髪の毛の健康にも欠かせない
  • 精神安定作用にも関わっている
  • 食べ物を消化する時にも必要
  • 体力の維持、やる気などとの関係も深い
  • 体内に入った有害物質を無毒にする場合にも必要
  • ホルモン分泌に関わる事で、細胞の若さを保つ為にも欠かせない

このように、より元気に毎日を過ごす為にもアミノ酸は必要度の高い栄養素です。
もちろん、コラーゲンの材料でもあるので、不足すると膝軟骨が弾力を失って磨り減りやすくなってしまう場合があるので、摂取を心がけた方が良いという事も言えます。

コラーゲンは、体のあらゆる部分の強度を増す材料として欠かせません。Ⅰ型コラーゲンなら骨の強度アップ、2型なら軟骨など、年齢と共に脆くなりやすい部分にとって必要で、その材料としてアミノ酸は必要不可欠です。